会話術の心理学とは

会話で使える心理学とは

 

会話術の心理学とは

 

会話術なのに心理学?

 

実はとっても密な関係なのです。

 

「心理学」を使った会話のテクニックをご紹介します!

 

会話する相手の、特別な人になる心理学

アンビバレンス

 

会話術の心理学とは

 

二面性とも言われています。

 

人は、相手に見せていない裏の顔
本当の自分と思い込んでいます。

 

その裏の顔を相手に褒められると、
その人との距離がグッと縮まります。

 

アンビバレンスとは、
その裏の顔をほめることで、
会話する人との距離を縮めるテクニックです。

 

普段、明るくふるまっている人は、
一人になると落ち込みやすい性格だったりします。

 

そういう人には、普段のイメージとは違った事
指摘したり、褒めたりすることで、
相手からの信頼を得やすくなります。

 

「明るく振る舞ってるけど、本当は無理しやすいタイプじゃない?」

 

それが当たることで、相手の心に響きやすくなるのです。

誰とでも盛り上がれる心理学

バックトラッキング

 

会話術の心理学とは

 

「後を追う」事を言います。

 

要は、相手の言ったことを繰り返して、
質問するテクニックです。

 

 

例えば話し相手が、

 

 

いやーこの前、新しく買った釣り竿で、
船釣りしたんだけど、

 

たくさん釣れてね。
もう、入れ食い状態だったよ!!


 

と会話をしてきても、
あなたが釣りに興味が無かったら、

 

「そうなんですか。すごいですね。
まー僕は釣りしないんですけどね。」

 

と話したら、会話は終わっちゃいますよね。

 

でも、

 

船釣りいいですね!
新しい釣り竿だと、たくさん釣れるんですか?」

 

 

「どこで船釣りしたんですか?」

 

など、相手の話を引用して
次の質問につなげていき、会話を盛り上げます。

 

人見知りを改善するための会話術とは?


会話術,心理学


あなたも、人見知りを改善して人生を明るく変えてみませんか?

この会話術を使えば、それが可能なんです。

その会話術とは?詳しくは、コチラをクリックしてくださいね。

Perfect Communication 〜あなたの人生を明るく変える会話術〜