オープンクエッション、クローズドクエッションのデメリット

オープンクエッション、クローズドクエッションのデメリットとは?

オープンクエッション,クローズドクエッション,デメリット

 

会話が広がりやすい、
「オープンクエッション」

 

初対面の方とのきっかけを作りやすい、
「クローズドクエッション」

 

それぞれにメリットがありますが、
デメリットも存在します。

 

最も、注意しておきたい点は、
どういうところでしょうか?

 

オープンクエッションのデメリット

 

最大のデメリットは、
”お互いの信頼関係が、ある程度築かれていなければいけない”
というところでしょう。

 

オープンクエッションとは、
「はい」や「いいえ」のような回答範囲を設けないで、

 

when (いつ)
where (どこで)
who (誰)
what (何)
why (なぜ)
how (どうやって)

 

「5W1H」を使った質問
相手にぶつけることで、相手の事を具体的に知ることが出来るため、
会話が広がりやすいのですが、

 

その反面、相手が初対面だったり、そんなに親しくない相手の場合、
「なぜ、あなたにそんなことまで言わなければならないの?」
と思われてしまう場合もあります。

 

では、そんな時はどうすればいいか?

 

ポイントは、拡大質問と、限定質問です。
詳しくは、コチラをご覧くださいね。
>>

 

クローズドクエッションのデメリット

”お互いの信頼関係が、まだ築かれていない場合”、
クローズドクエッションは、会話のきっかけをつかむ手掛かりになります。

 

クローズドクエッションは、
「はい」か、「いいえ」のように、
回答範囲がありますので、相手は答えやすいのです。

 

平日は、会社にお勤めですか?
はい

 

日曜日は、お休みですか?
いいえ

 

○○という映画はご覧になりましたか?
はい

 

ですが、クローズドクエッションを多用してしまうと、
相手は、まるで尋問を受けているかのような息苦しさを感じてしまいます。

 

クローズドクエッションである程度、状況をつかみ、
それをオープンクエッションの会話に持って行くようにしましょうね。

 

オープンクエッション、クローズドクエッションを使いこなそう

オープンクエッションも、クローズドクエッションも、
お互いデメリットが存在します。

 

どちらか一方に頼らず、
オープンクエッションを使ってみたり、
クローズドクエッションを使ってみたりして、
会話を盛り上げていきましょう。

 

「相手が話しずらそうだな・・・」とおもったら、
クローズドクエッションで、回答を限定してあげる事で、
相手は話しやすさを感じるでしょうし、

 

「この話題について、話したがっているな・・・」と思ったら、
オープンクエッションで相手の話に耳を傾けましょう。

 

どちらもうまく使いこなすことで、
あなたの印象がグッとよくなりますよ。

 

人見知りを改善するための会話術とは?


オープンクエッション,クローズドクエッション,デメリット


あなたも、人見知りを改善して人生を明るく変えてみませんか?

この会話術を使えば、それが可能なんです。

その会話術とは?詳しくは、コチラをクリックしてくださいね。

Perfect Communication 〜あなたの人生を明るく変える会話術〜