ビジネスで失敗しない話し方のコツとは?

 

日本人は論理的な説明が苦手だと言われています。日本には昔から以心伝心という言葉があるくらいですから、察してと思うことも多いかと思います。しかし、ビジネスでの話し方は以心伝心では伝わりません。

 

「あ〜あれとって。」
「ん、あっ、これね。」

 

こういう経験は、日本人であれば誰しもありますよね。

 

実は、日本人は、論理的な説明が世界的に見ても苦手をされてきました。
なぜかというと、以心伝心の文化があるからです。

 

つまり、しゃべらなくても意思をくみ取る能力です。

 

スポンサードリンク

 

昔はそれでも通じていた

 

昔の日本では以心伝心で伝わっていました。

 

「山田さん、あれお願い。」
「あれですね。わかりましたやっておきます。」

 

あれ、とか、これで伝わるんですから、
結構心地よいですよね。

 

でも、これだけで通じてしまうので、
言葉で、論理的に伝える能力が逆に衰えてしまいました。

 

そして、この以心伝心で物事をうまく伝えることができなくなると、
権力や組織などの力を借りた、脅迫まがいな説得方法しかできなくなるわけです。

 

今が大きな変化の時

今の時代、個人が尊重される時代になりました。

 

また、日本だけではなく、外国からの人も日本に入ってくるようになりました。

 

そして、職場も、女性進出も進み、女性の数が増えてきました。

 

それに、以心伝心ができるような日本人も減ってきています。

 

つまり、ビジネスで失敗しない話し方のコツとは、
20年や30年、歳が離れた人たちや、
男性でも女性でも、そして、日本人でも、外国人でも
シッカリと意思の疎通をとるために、

 

以心伝心ではなく、はっきりと物事を論理的に伝えることが重要になります。

 

今、ビジネスでは大きな変化が今起きています。

 

それを乗り越えるためには、論理的で物事をはっきりと伝える能力が必要になります。

スポンサードリンク

人見知りを改善するための会話術とは?


ビジネス,話し方

あなたも、人見知りを改善して人生を明るく変えてみませんか?

この会話術を使えば、それが可能なんです。

その会話術とは?詳しくは、コチラをクリックしてくださいね。

Perfect Communication 〜あなたの人生を明るく変える会話術〜

スポンサードリンク