話が支離滅裂になる理由とは?

 

この人は話が支離滅裂になって、何を話しているのかさっぱりわからない。

 

こんなことを言われたことはないだろうか?

 

自分では一生懸命説明しているつもりでも、相手にとってはちんぷんかんぷん。
全く自分の話している内容が伝わらない。

 

なぜ、話が支離滅裂になるのだろうか?
解決するためにはまず、なぜ話が支離滅裂になるのか理由を知ることが大切である。

 

スポンサードリンク

 

話す内容は自分の習慣となっている用語

相手に物事を伝えるとき、あなたは、自分の習慣となっている用語に従って、文章を作ることになる。そして単語一つ一つの配列は、伝えたい内容や、緊張、感情などの要素により、配列は変わっていく。

 

その文章が相手に伝わったとき、相手側の習慣となっている用語や、文章の組み立て方として受け取り、内容や感情を理解することとなる。

 

自分と、相手側との習慣や感情が完全に一致している場合は、自分が伝えたかった内容を100%理解することはできるが、自分と相手との習慣や感情は完全に一致することはない。

 

あなたが繰り出す文章や単語一つ一つが相手が持つ単語や文章になければ、単語が理解できない、文章が理解できない状態になり、最終的に「何を言っているのかわからない。」と言われることとなる。
つまりこの状態が、「話が支離滅裂」の状態となる。

 

話が支離滅裂な人の特徴とは

話が支離滅裂になってしまう人の特徴とは、頭の中に浮かんだイメージを反射的に話してしまう人といえます。

 

また、話した単語の一つ一つがその人の独特な単語で、ほかの人にはなかなか理解しがたい単語だったりします。

 

こういう場合、理解できない単語が感情のままの配列での文章として受け取った場合、相手側は、話が支離滅裂だと思ってしまうわけです。

スポンサードリンク

人見知りを改善するための会話術とは?


話が支離滅裂になる

あなたも、人見知りを改善して人生を明るく変えてみませんか?

この会話術を使えば、それが可能なんです。

その会話術とは?詳しくは、コチラをクリックしてくださいね。

Perfect Communication 〜あなたの人生を明るく変える会話術〜

スポンサードリンク