外国人とのコミュニケーションが苦手な1つの理由

 

日本人は、基本的に外国人とのコミュニケーションが苦手だと言われている。

 

あなたは、外国人とのコミュニケーションは得意ですか?苦手ですか?

 

外国人とのコミュニケーションが苦手なのは、英語は話せないからだと思っていませんか?

 

実は、日本人で英語が得意な人でもコミュニケーションに苦労している人はたくさんいるんです。

 

さて、それは、なぜでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

意思で伝えるのか、言葉で伝えるのか?

実は、このことは、アメリカの文化人類学者 エドワード・T・ホールの異文化コミュニケーションの関係論で説明するとわかりやすくなります。

 

ホールは、世界の伝える文化を大きく2つに分けて説明しています。

 

高コンテキスト文化(HC文化)

お互いが深い絆で結ばれていて、情報はみんなで共有されており、少ない言葉でも多くを伝えることができる文化です。まさに日本の以心伝心の文化です。

 

低コンテキスト文化(LC文化)

個人個人が自立しており、お互い薄い情報で結ばれている状態で、共有されている情報も少ないです。このため、何かを伝えようとすると、明確にメッセージを伝える必要があります。アメリカがこの文化になります。

 

つまり、日本人は高コンテキスト文化なので、言葉少なに伝えようとしますが、それでは外国人には、聞こえるメッセージの情報が少なすぎて、伝わりにくいということなんですね。

 

明確な的確な言葉を伝える必要がある。

外国人とのコミュニケーションを得意にするには、言葉を的確に使い、筋道を立てた話をしなければなりません。

 

外国語ができないから、外国人とのコミュニケーションが苦手だと思われている人がいますが、外国語ができても、論理的に話せなければ、しっかりと伝えることはできません。

 

論理的な説明をすることができれば、外国人とのコミュニケーションに威力を発揮するということなんですね。

スポンサードリンク

人見知りを改善するための会話術とは?


外国人,コミュニケーション,苦手

あなたも、人見知りを改善して人生を明るく変えてみませんか?

この会話術を使えば、それが可能なんです。

その会話術とは?詳しくは、コチラをクリックしてくださいね。

Perfect Communication 〜あなたの人生を明るく変える会話術〜

スポンサードリンク